バカラ

5月 13, 2021

  • 「バカラ」とは、プレイヤー(子)とバンカー(親)に配られるカードの合計数の一桁目が「9」に近い方を当てるカードゲーム
  • 複雑な戦略はなくて、ほぼ「運」で勝敗が決まるゲーム(経験の差はあまり関係ないので初心者向きのゲーム)
  • オンラインカジノでのバカラはスタートしたら、①「チップ」をクリックし、②「TIE(引き分け)・BANKER(バンカー)・PLAYER(プレイヤー)のどれに賭けるかを選択(予想)し、③「ディール」を押せばカードが配られて、④勝負の行方を確認するだけ(予想する以外にすることがないw)。

バカラの基本的はルールが確認できる動画

【カジノ】バカラ の基本的なルールと遊び方を解説(初心者向け)
※YouTubeチャンネル「Slotsia Japan

 

バカラのカードの数え方

  • 「A(エース)」:1
  • 「2~9」:そのまま数字通り
  • 「10~絵柄(J(ジャック)・Q(クイーン)・K(キング)」:全て0と数える

【例.】

  1. 配られたカードが「10」と「5」の場合、合計数は「5」
  2. 配られたカードが「K」と「A」の場合、合計数は「1」
  3. 配られたカードが「9」と「A」だと合計数は「10」の二桁になり、この二桁の場合は下一桁の数字をみるので「0」になる
  4. 配られたカードが「9」と「A」と「6」だと「16」だから、下一桁の「6」になる

 

バカラの勝敗の決まり方

  • ディーラーがプレイヤーとバンカーにそれぞれ2枚ずつカードを配り、2枚のカードの合計数の下一桁が「9」に近い方が勝ち
  • プレイヤーとバンカーのカードがオープンされてどちらかが「8」か「9」がある場合を「ナチュラル」といって、3枚目のカードは配られずにその時点で勝ちが確定
  • プレイヤーの手札が「ナチュラル(8か9)」「合計数7」「合計数6」以外なら(つまり「合計数5以下」なら)3枚目のカードが配られる。また、バンカーの手札が「2以下」ならバンカーは3枚目を引く(ディーラー主導でカードが配られるので任せておけばいい)
  • プレイヤーとバンカーのカードの合計点数が同じの場合は引き分け(プレイヤーかバンカーに賭けていて引き分けなら賭け金は戻ってくる)

 

バカラの戦略

  • 出目(ツラ)追い:前回勝った方または勝ちが続いている方に賭ける戦略
  • マーチンゲール法:負けるたびに賭け金を(勝つまで)倍賭けしていく攻略法で、連敗が長く続かなければプラス収支をキープしやすい。1回勝てば損失を取り戻したうえ大幅プラスの可能性があるけど、奇跡的に負け続けて残高に余裕がなければ大敗のリスクもある。
  • パーレー法:勝つたびに賭け金を(負けるまで)倍賭けしていく攻略法で、勝てば配当金も大幅に増えるし、負ければ元の賭け金の額に戻すので、負け勝負が続いても大敗のリスクが低く、残高も安定してキープしやすい。
  • 31システム法:9ゲーム(9連戦)をワンセットとして「賭け金トータル=31ドル」を9ゲームに分散する(例.1~3ゲームは1ドル、4~5ゲームは2ドル、6~7ゲームは4ドル、8~9ゲームは8ドルを賭ける)。連勝しなくても31ドル以上の損失は防げる。
  • 10%法:残高の10%を賭け金に固定する戦略で、負けたとしても残高の減りはいつも10%だから「長時間バカラを楽しみたい」「残高に余裕がない」場合のオススメ戦略。

 

バカラの配当

  • プレイヤーが勝つ方に賭けて当てた場合の配当は賭け金の「2倍」
  • バンカーが勝つ方に賭けて当てた場合の配当は賭け金の「1.95倍」:勝率がプレイヤーよりも若干高いのでそのアンバランスを調整するために配当が圧縮されている
  • TIE(引き分け)に賭けて当てた場合の配当は賭け金の「8倍もしくは9倍」:TIE(引き分け)なる確率は約10%とかなり低いため
  • プレイヤーもしくはバンカーのどちらかにペアが出ると賭けて当てた場合(ペアとは配られたカードの中で同じカードが2枚出た場合のこと)の配当は賭け金の「5倍」
  • 「プレイヤーにペアが出る」「バンカーにペアが出る」と指定して賭けて当てた場合の配当は賭け金の「11倍」
  • 「プレイヤーにもバンカーにもペアが出る」と指定して賭けて当てた場合の配当は賭け金の「25倍」

※高配当な賭け方も魅力的だけど、勝率が高めの「バンカー」メインの賭けが無難・・・

 

オンラインカジノのバカラの雰囲気が確認できる動画

※ YouTubeチャンネル「オンラインカジノ チェリーカジノ

 

バカラが遊べる現金チップが無料でもらえるオンラインカジノ